肌

ローヤルゼリーはサプリメントで補う

「ローヤルゼリーはサプリメントで補う」
生のローヤルゼリーの味がどんなものだか知っていますか?
これが例えようもないほど不味いのです。
ローヤルゼリーは継続することが大切です。
飲みやすいサプリメントでの摂取をおすすめします。
また、よく混同されがちなプロポリスとローヤルゼリーの違いについての記事も是非ご覧ください。

美容と健康に優れた効果を発揮するローヤルゼリーですが、さすがに世界的に研究が進んでいることもあり、他の健康食品に比べて素性がハッキリしています。
世に出回っている「健康に良い(といわれている)」物の中には、実際にどれだけの効果があるのかわからないまま「なんとなくいいらしい」ということで売れているものもあるのです。

日本ではローヤルゼリーは、生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー、調整ローヤルゼリーの3種類に分かれています。
それぞれ表示には厳しい基準が設けられています。

http://markcortale.com/junsu.htmlにも書いてあるように生ローヤルゼリーは、まさに「生」のものです。
働き蜂から女王蜂に与えられた直後から72時間以内に採取したものです。
乾燥ローヤルゼリーというのは生ローヤルゼリーを乾燥させたものです。
調整ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリーを加工したものになります。
はちみつや乳糖、その他添加物を使用して、錠剤やカプセルとして売られているものですね。このタイプが一番多いです。
肝心なのは使用される生ローヤルゼリーが全重量の6分の1以上配合されているということです。
こちらの生ローヤルゼリーについての解説もわかりやすくておすすめです。

つまり「ローヤルゼリー」と名乗ってはいても、配合されている量が基準に満ちていなければ、本来ローヤルゼリーと名乗ってはいけないということになります。
ローヤルゼリーを試してみたけれど効果がないという人は、配合値の低いものを選んでしまったのかもしれません。

生ローヤルゼリーは、かなり癖の強いものです。
見た目はカスタードクリームのようで、はちみつからのイメージで美味しそうに見えるのですが、うっかり口にすると後悔するくらいの味です。
酸味と渋みが強く、下や喉を刺すような刺激があります。生臭いという人もいます。
鮮度の高いものほど味が強く、鮮度が落ちると飲みやすくはなっていきます。

せっかく健康のために購入しても、飲み続けられないようでは本末転倒です。
飲みやすいサプリメントで摂取する方が、結果的には長く続けることができて健康に良いといえるでしょう。
値段もサプリメントの方がお手頃です。ローヤルゼリーの値段もご覧ください。